ジジッジー・・・ネオ!
ネオ…聞こえるか?
君が真実だと思っているこの世界はマトリックスだ。
そして我々は君を救うべく、君の周波数にアクセスしている。
本当の世界を見たければ、下記のボタンを押すがいい。
しかし、一度押してしまったらもうこの世界には戻れない。
更新記事がLINEに届く便利な世界を知ってしまったら戻れないぞ!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トビウオ


先日のこと。

夕方、妻とクマジと宍道湖を散歩していた。

この季節の宍道湖のサンセットは格別だ。

すると湖の水面を魚が跳ねた。

妻は
『トビウオだ!』と叫ぶ。

もう一度、水面を魚が跳ねた。

『あれはトビウオだよ。』と妻が無邪気に言う。

僕は心の中で思う。

あれはトビウオではない…。

ハゼスズキあたりだろう。

水面の虫を食べるときや、身体についた寄生虫を払うときなどに魚がやる行動だ。

しかし僕は何も言わないことにした。

夫婦生活をしていく上で、正しいことでも言わないことが正解な場合があることを学んでいる。

夫婦間では、その場を楽しく過ごすことが何よりも最優先であり、

相手の間違えを正すことは、ときに喧嘩の原因になるのだ。

喧嘩までいかなくても、場の雰囲気が乱れる。

僕はそのことを学んでいた。

そしてこれは、夫婦間だけに言えることではないのかもしれない。

世界の秩序を保つためには、正しいだけが正義ではないのだ。

イメージしてほしい。

公園で子供が昆虫捕りをしている。

セミやトンボなど、この季節ならではの風景だ。

そこに大人が近づき、虫カゴの昆虫をみて子供に言う。

ねえボク?、もしボクがカゴの中に閉じ込められたらどう思うかな?

嫌だよね?だったらこんなことしちゃだめだ!!


笑顔だけど目が笑ってない、こんな大人がいたらどうだろうか。

確かに彼の言うことは正論なのかもしれない。

でもさ~。。。


話を戻そう…。

僕はサーフィン中に何度もトビウオを目撃している。

トビウオはその名の通り、結構な距離の水面を飛ぶ。

跳ねるのではなく、飛ぶのだ。

つまり、あれはトビウオではない。

このブログを返して妻に伝えよう。

怒らずに聞いてほしい。

あれは…トビウオではないんだよ。



世界の中心でトビウオと叫ぶ…妻  -完ー


押してない方はこちら⇒: 【読者登録ボタンを押させる心理合戦…~17エッセイ~】



 ー自伝小説ー
人生のレールを脱線したら、こうなった僕の半生記~LIFE IS A JOURNEY~<全12話>
 



前の記事: 【ダイニングメッセージ~17エッセイ~】



ブログトップへ
 


オラチカラを分けてくれ!!
1日1ポチッ求む☟

人気ブログランキング 


ジジッジー・・・ネオ!
ネオ…聞こえるか?
君が真実だと思っているこの世界はマトリックスだ。
そして我々は君を救うべく、君の周波数にアクセスしている。
本当の世界を見たければ、下記のボタンを押すがいい。
しかし、一度押してしまったらもうこの世界には戻れない。
更新記事がLINEに便利に届く世界を知ってしまったら戻れないぞ!




インスタグラムも見てほしい☟


この投稿をInstagramで見る

Base…

Kazuya Ina(@171717ina)がシェアした投稿 -