運転中




宇宙を想像してほしい。

銀河系とか、太陽とか、月とか。

まだまだ知らない惑星も含めて宇宙と呼ぶ。

宇宙は限りなく無限だ。

僕ら人間の可能性も同じく無限だというお話。


アナタは今までの人生経験の中での範囲しか容量がない。

いきなりこんな言い方をされてムッとしたと思うが、これが真実だ。

まだ経験したことがないことを理解することはできない。

こう言えば解ってもらえると思う。

理解できる範囲を増やすためには、多くの経験値を積めばよいことになる。

多くの経験値を積むには、常にチャレンジの選択をする以外にはない。

今まではやったことない領域に挑戦することで経験をできるのだ。

しかしここが難しいと言われている。

人間は居心地がよい状態から変化することを嫌う生き物だ。

でも考えてほしい。

変化に対応しなければ、人間は生き残っては来れていない。

僕らの先祖は、常に変化する世の中を生き抜いてきたのだ。

このことは身近な例でも理解できる。

小学生から中学生になる場合は、共通の友達がいる。

しかし高校へ入学する場合は、知らない者同士の中に飛び込んだはずだ。

大学でも会社でも同じこと。

しかしアナタは立派に環境変化に対応してきたはずだ。

変化するときは恐怖心がでるものだ。

しかし飛び込んでしまえば何てことはないのだ。


現在、世界中でコロナ騒動が起こっている。

オリンピックは延期となり、今までの当たり前の生活や仕事の環境は変わった。

しかしまだこう思っていないだろうか?

『また今までのように元の世界に戻るだろう』と。

そして今はただ、ジッとガマンの時だと。

もしこのように考えているならば、アナタは絶滅する側の生き物だ。

ぬるま湯の中で、出るタイミングを失い、茹で上がってしまうカエルそのものだ。

もう一度言おう。

僕らの先祖は、長い歴史の中で変化に対応してきたおかげで今がある。

そして今は、変化のときだ。

ここで変化を受け入れ、すぐに対応することをオススメする。

絶滅と言っても、何も命を失うわけではない。

楽しみが減ってしまうということだ。

制限を作り、その制限の中でしか楽しめなくなる世の中になるということ。

そこで今日のお話になるわけだ。

ただでさえ新しいことにチャレンジすることを恐れる僕ら人間が、

コロナによって制限をかけれるのだから。

今まで以上に、意識的に変化を求めなくてはならないということだ。


僕ら夫婦の例をお伝えしよう。

僕も妻も、海外旅行が好きだ。

しかしこの先、いつになったら自由に海外へ行けるかわからない。

それまでおとなしく待つようなことを僕らはしない。

キャンピングカーを購入して、国内を最高の3密状態で旅することを選択した。

もちろん仕事も変化していかないといけない。

旅をしながらでも収入を得れる仕組みを考えている。

しかし大切なことは、その仕組みが万全になってから行動を起こすことではない。

行動を起こしながら手探りにやっていくことなのだ。


僕らは変化に対応していける。

今までもそうしてきたように。

あとは飛び込む勇気だ。

行動力だ。

安心してほしい。

この世界には失敗も成功も存在しない。

どちらも経験に過ぎないのだから^^




宇宙の法則を伝える小説を2つ書いてます。是非お読みください^^

-自叙伝-
人生のレールを脱線してみた僕の半生記~Life is a journey~  


-小説-
妖精は小さなおじさん
 


-同時に読んでほしい記事-【Why?なぜ…】  

  

 ブログトップへ  


ブログランキングにも挑戦中!
1日1クリックしてくれたら嬉しいです。


人気ブログランキング  

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 


読者登録はこちら。
どちらかお選びください。

 










 
この投稿をInstagramで見る

Base…

INA(@171717ina)がシェアした投稿 -