夢男



僕は妻と話をした。

喧嘩中にも何度か話し合いをしたが、今回はそれとも違う。

自分の正当性を伝えようとするでもなく、相手の落ち度を探すわけでもない。
一緒に生きていきたいという気持ちを伝えたのだ。

今回の大喧嘩では、妻のお義父さんも、僕の両親とも話す展開となっていた。

親が子を想う気持ちはいくつになっても変わらないのだと、この年になって改めて気づける機会となった。

僕が描く夢の映像には、隣に妻がいる。愛犬クマジに、子供の姿もあるんだ。

僕はひとりで勝手をやりたいわけではない。

僕の夢の先には家族がいる。

このことに今更ながら気づいた自分。



求人先にも連絡をし、翌日面接へと挑んだ。

僕の譲れない条件は、大型連休を年に数回確保すること。

10日くらいの連休を取らせてもらえるならやります…、年に数回。こう伝えたのだ。

本社が愛知県にある委託会社で、佐川急便やクロネコヤマトの委託配送を受け持っているようだ。

たまたま島根に打ち合わせにきていた社長と面接することができたことも、ラッキーであった。


『いや~、稲さんは実に優雅ですな。わかりました。年に3回でどうでしょう?』


配達が比較的に落ち着く時期の年に3度、10日ほどの連休を頂けることになった。

個人事業主とはいえ、佐川急便の荷物を委託するわけだ。
すべてが自由でないことは、仕方がない。

それと…、髪の毛はこのままで平気ですかね? 

それを聞いた社長は、同席していた現場の責任者の意見を仰ぐ。


『清潔感があるし、結んでいてくれれば平気だと思います。』


現場責任者の方にOKをもらえた。髪も切らなくて済みそうだ。



こうして僕は、なんなく仕事にありつくことができた。

普通にやっていれば月収30万円を切ることはないらしい。

ってことは、僕の能力なら…。

まぁ、そんなに力むことはないだろう。

地方でこの収入なら十分である。


僕は来月から仕事を開始する。

そう、もう無職ではないのだ。

年に3度の長期休暇を使って、家族でキャンピングカー旅を楽しむ予定だ。

キャンピングカーも妻の名義でローンを組んでいるのだが…。モチのロンで…。


あれ?そういえばまだだろうか、キャンピングカーの納車は?

昨日電話で確認したところ、海外からやっと部品が届き、まだ1ヵ月ほどかかるらしい。

初めての旅は、5月の連休あたりになりそうだ。

さっそく休みを押さえなくては…。





店舗


わが家の古民家の改築工事も無事に終わった。

来月からは、古民家店舗で妻はサロンを営む。

二階でクマジはお留守番をしながら…。

僕は市内を佐川急便と化し、配達して周る。

長髪をゴムで結んだ40代のイケてる佐川をみたら、それは僕のことだろう。

古民家の改築工事とともに、僕ら夫婦の改築工事も行われたような気がする。

いろんなことがあっという間に改築された感じだ。



僕には夢がある。

仕事をすることは、夢を諦めたこととは違う。

今まで通り、FXトレードも続けていくだろう。

これはもうお金の問題ではないんだ。

僕の中の問題というか、趣味みたいなものなんだ。

必ずトレードの世界をメイクしてみせる。


もう一つは、本の出版だ。

自分が出版元となって、デザインや編集のプロにアウトソースし、本を作っていこうと思う。

自分で資金を稼ぎながらも、クラウドファンディングを使い、援助を受けてみようと思う。

個人が活躍する時代、今あるシステムを使い、恩恵を受けたいし、僕も応援する側にもまわりたい。

何事も挑戦だ!!

そのときは皆さま、是非ともお力を貸してください。



このブログも続けていくつもりだ。

今までのような頻度での投稿はできないかもしれない。

だって、無職だったわけだから…。


宇宙の法則。

僕には伝えたいことがあるんだ。

もっと見えないものを見ようとしてほしい。

それは本来、当たり前の能力だったはずなんだ。

携帯電話が出回る以前、僕らは知人の番号を暗記していたよね?

とても簡単に、多くの人の番号を。

便利とは、とても怖いことなのかもしれない。

僕ら自身が、うまく付き合っていかねばならぬようだ。

スピリチュアルとはそういうものだと、僕は考えている。



ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

無職の僕の、ありのままの数週間。

そしてこのことが、僕をまた違う次元に行かせてくれました。

同じようなことは、皆さんの現実にも日々起こっているはずです。

その現実を、”自分が主役”という視点をもって体験してみてください。

映画のようなシーンにしてみてください。

この人生という映画の主人公は、アナタなのだから。

僕のようなエキストラがいても面白いでしょ?

どんな展開になっても、映画なら楽しいでしょ?

自分だけの世界を生きましょう。

そして道の途中の点が、未来のどこかで、線で結ばれる瞬間が必ずあります。

すべて大丈夫、問題ないから!!




それではこれからも、ぶろぐ17んち


強制はしないけど…

絶対見てね^^



僕は無職で夢男 -おわり-

ni-to




最初から読む: 僕は無職で夢男① 

前回: 僕は無職で夢男⑩~悟りの人~


○会社を辞めキャンピングバスで旅した実体験小説
人生のレールを脱線してみた僕の半生記~Life is a journey~ 


○宇宙の法則をテーマに書いた小説 
妖精は小さなおじさん


○人生の真理を表現した短編小説
幸せの映画館


○小説以外も毎日更新している僕の考え方
宇宙には法則があるんだよ



ブログトップ


 1日1クリック応援お願いします!!


人気ブログランキング  

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 


読者登録はこちら。
どちらかお選びください。